「我侭な」八分目生活のすすめ

女性なら誰もが一度は悩むダイエット。http://dienadel.net/

「激しい運動はしたくない」「簡単にやせたい」…そんなちょっぴり我侭な貴方にぴったりな、簡単かつ生活に取り入れやすいダイエットをご存知ですか?

それはずばり、夜ご飯を腹八分目にすること!

これだけを聞いて「それが出来れば苦労しないって!」とお思いの貴方、ちょっと待って下さい!文章をもう一度よく読んでみて下さい。…そう!「夜」の「ご飯」。ご飯=白米。これだけを腹八分目にすればOKなんです!

つまりは夜ご飯で摂取する白米(糖質)を減らすということなんですね。糖質制限というと、好きなものが食べられない、長続きしないというイメージもありますが、それはあくまできっちりカロリー計算に則ったダイエットの場合。今回は我侭な貴方のために、少しだけゆる~く考えてみましょう(笑)

実は夜に食べる白米を減らすというこの提案は、私の実体験に基づいたおすすめなのです。私が白米の糖質制限により痩せたのは全くの偶然でした。当初はダイエット目的ではなく、毎日の夕飯後に酷い睡魔が襲ってきて皿洗いやお風呂などが困難だったのを改善するために糖質制限を始めました。色々調べた結果、夜に摂取する糖質が睡魔を誘発するということを知ったからです。

とはいえ私もご飯は大好き。家族全員が楽しそうにお肉を食べているのに自分は野菜だけなんて考えられません。そこで一計を案じ、「おかずの量はそのままにして、少ない量の白米を大事に食べればいいじゃないか!」という何ともご都合主義な自分ルールを作りました(笑)

しかしこの白米さん、何とも優秀なことに一箸ですくう量が少なくても十分ごはんを食べた気にさせてくれるんですね。おかずと交互によく噛んで食べ終わった時、なんの無理もなく満腹感を感じて驚いたものです。

本来の目的だった睡魔も狙い通りに激減し、意気揚々とそんな腹八分目生活を送った結果…なんと、顔のラインが明らかにシャープになったのです!

特別に運動しているわけでもなく、ただちょっと夜の白米量を減らしただけで、前から少々気になっていたあごのラインがすっきり。狙ってダイエットしたわけでもなかった分、このサプライズは非常に嬉しかったです!

補足すると、我が家は父の生活習慣病対策として主食を食べる前に野菜や果物を食べるので、これがまた主食の食べすぎを抑えていたのかもしれません。(といっても小皿一杯程度なのですが)

いかがでしたか?もちろん、きちんと痩せたい場合はそれなりの覚悟と行動が必要だと思います。ですが「とりあえずお手軽に痩せた~い!」という方は、夜ご飯を工夫することで小さな達成感を味わうのもありだと思います。あるいはこれが本格的なダイエットのきっかけになったりして♪

ぜひ皆さんも我侭な腹八分目生活を食卓に取り入れてみて下さいね!