夏が終わると肌の調子が悪くなる

私の大好きな夏が終わり、寒い冬が近づくにつれて肌の調子が悪くなります。これは毎年思っていたことで、また多くの人が同じ様に悩んでいると聞きます。夏に浴びた紫外線のダメージが秋になって肌に現れるそうです。

ハクアージュのシミ消し効果

そして秋から冬にかけてどんどん空気が乾燥してしまい、カサつきやくすみの悩みが出てきます。この悩みを解決するため、私はエステに通っています。私の頬は暖かい場所にいると赤くなりやすく、このことも相談しました。

すると、表皮と呼ばれる肌の一番外側が薄いことが分かりました。この表皮が薄く、キメが整っていないと、内側の水分が投げやすく、乾燥も引き起こすそうです。また、せっかく外から入れた化粧水などの水分も蒸発させやすいとのことでした。

このままだとシワシワになって、年齢よりも老けて見えてしまうかもしれません。それは絶対に嫌なので、肌ケアを見直してどうにか冬でも潤った肌にできないものかと調べました。エステに行くこと、日々のスキンケアに力を入れること、水分をこまめに摂取することを心がけました。

でもそれ以上に、原因はこれだったのか?と思うことがありました。私は1年前の12月に仕事を辞めています。デスクワークでしたのでエアコンが常に動いている部屋に9時間以上は居ました。今はパートで事務の仕事を週3日6時間で勤めていますが、肌の調子がケアを頑張っていた当時とは比べ物にならないくらい良いです。

恐らく仕事のストレスも影響していたのだと思います。この経験から、私がオススメするのはお部屋の加湿です。できればエアコンに頼りすぎないようにしたいところですが、流石に寒さを我慢しましょうとは言えないので、加湿をしてください!これでかなり肌の調子が変わるはずです!