ダイエットに言い訳は通用しない

ダイエットの必要性を唱えながらも、合間にお菓子ばかり食べたりするのは矛盾していると思います。確かに思いと行動は一致しないかもしれませんが、

体重のことを言われて傷つくならば、自分の食生活を吟味する必要性があると思います。甘いものを絶つとストレスがたまる、食べることが生きている唯一の証

などと言い訳をしがちであるが、そのような言い訳は聞きたくありません。物事において結果を出すには、それなりの努力が必要です。http://www.aburatani.net/

例えばアスリートにおいてはオリンピックでメダルを獲得するには、他の事柄を犠牲にしてまで、日ごろから厳しい練習を絶えず行っています。

ダイエットにおいても自分との闘いで、我慢が必要です。それゆえに、甘いスイーツ類に対する誘惑に抵抗することも大切なのではないでしょうか。

自分の体を奴隷としてひいていくことを常に意識すべきです。ダイエットをするといつも唱えながら、結果がなかなか出ないのは自分に甘いからです。

そもそもお菓子は栄養価が低くて、脂肪を増やす大きな要因となります。このことを考えると、ダイエットの必要性を口にしながら、お菓子をやめないのは

単なる言い訳で、自分との闘いに負けている証拠です。言い訳をせずに、痩せたければお菓子を絶つことが大切です。