育毛に重要な「細胞成長因子」とは

育毛においていちばん重要な役を担っているのが、「細胞成長因子」です。

細胞成長因子とは、ある細胞の増殖や後退を促すタンパク質のことです。ベルタヘアローションの口コミ

つまり、一口に細胞成長因子といっても、育毛にプラスの物とマイナスの物があるということです。

では、毛周期に関する細胞成長因子について見ていきましょう。

「KGFまたはFGF7」。

これは、頭髪の細胞成長因子の中でいちばん重要で、頭髪の成長期を促進・毛母細胞を刺激して毛幹を太くするなどの働きがあります。

「IGF-1」。

これは、毛包の細胞を増やし、頭髪の成長期を促す効果があります。

「TGF-β1」。

これは、頭髪が退行期に移るのを促す効果があります。

上述したように、細胞成長因子の中には育毛にマイナスの働きをもたらす物がありますが、それがこのTGF-β1です。

以前は、このTGF-β1を含めた細胞成長因子を治療に使っていましたが、昨今では除外されています。

また、男性ホルモンの働きにより毛乳頭細胞から生まれるため、TGF-β1を抑える育毛剤の研究も進んでいます。

では、これらの細胞成長因子を体に採り入れるにはどうしたらよいかというと、一番効果的なのは注射という方法です。

当然ながら、その方法は医療機関でしか受けられませんが、効果は非常に劇的です。