顔のたるみの原因について

年齢を重ねていくと顔の皮膚がたるんできますよね。

ビューティークレンジングバーム(oz)

今回はそんな「肌のたるみ」の原因について調べてみました。

肌がたるんでしまう原因は様々な要因が重なっていて、特に筋肉の衰えや、皮膚の乾燥と老化が主な原因です。

顔の皮膚の裏には表情筋が多数あり、日常的な表情の癖や、年齢による老化などによって筋繊維が緩むことで顔のたるみに繋がります。

また、表情筋の老化によって実年齢よりも老けて見えたり、シワの原因になったりもします。

皮膚の乾燥は、加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸、水分などの減少で引き起こされます。

それに、皮膚が乾燥すると肌の新陳代謝が落ち、古い角質が剥がれにくくなって、さらに乾燥が進む悪循環に陥ってしまします。

皮膚の乾燥以外にも、紫外線A波による腺維芽細胞の損傷、活性酸素によるコラーゲンの硬化なども肌の老化に繋がります。

これらの肌のたるみの原因は、ある程度予防することが可能で、特に紫外線や肌の保湿等は化粧品や日焼け止めで予防が可能です。

また、表情筋のたるみは日頃から笑顔を心がけたり、表情筋トレーニングで筋力を維持することができます。

肌トラブルを事前に予防するためにも、日頃から「意識」して表情を動かしたり、肌の保湿ケアを行っていきましょう。