人から「薄毛」や「ハゲ」を指摘されたら。

私は日常的に妻から「M字ハゲ」、「頭頂部も薄くなってきている」などと言われる(愛あってこその発言だろう。たぶん)。(愛ある)妻は「みっともないから」と私の増毛のためにワカメを食べさせたり頭皮マッサージをしてくれるが、「(薄毛が)改善されている」とは言わないので、それはまあそういうことだろう。http://www.catamiati.com/

主観だと「全然M字ハゲじゃない。まじイケメン」だが(頭頂部は見えない)、人間という生き物は自分の見た目を3割増しくらいで見積もるものだと思うし、また人間という生き物は自己の醜悪さや過ちを認めがたいものだとも思うのでこの意見は当てになるまい。

つまり近しい存在の妻は口に出してくれているが、会社の人らなども言わないだけで思っているのだろう。私のことを。「このハゲ」と。そこまで思索が進むといつも胸がキューっとなる。そして全ハゲに対し優しい気持ちと尊敬の念が生まれる。

ザビエル、アルシンド、モト冬樹・・・。ハゲだけではない。この世には様々なハンディキャップを背負った人々がいる。否、そもそもいつでもどこでもハンディキャップ(≒不利な条件)が全くない人などいるのだろうか。いないだろ、そんな人。それでも戦うのだ。向かい風でも走り出すのだ。

そう思うと、人間はなんと愛しく尊い存在か。こうして、私は人間の素晴らしさを教わった。ありがとう、ハゲ(と指摘してくれた愛する妻)。