社会人生活?学生生活?生活スタイルにまつわる体重の増減

大学を卒業してから今年の春までの4年間、会社員として真面目に努めてきました。朝起きてお弁当を作り、電車にのり会社へ。お金はあまりありませんでしたが、そこそこ楽しい毎日を過ごしていました。普段あまり意識はしませんが東京は広い街です。だいたい毎日7kmくらいは歩いていました。(自宅ー駅の往復、乗り換え、会社の中の移動などの合計)

ラクビは副作用に要注意?

しかし、3年目の春ふと思い立ち海外に移住しました。発展途上国なこともあり、日々の移動は電車から車へ。ほとんど動かない毎日が始まりました。iphoneで歩数をチェックしても一日なんと1km未満のウォーキング数。なんということでしょう。それに気づいて地道にランニングなどを始めますがまあこれが続かない。加えで物価も安いので外食が増え気がつくと2年で10kgほど増えていました。

そんな生活にも終止符が打たれます。今年の秋から縁あって大学院に合格し、違う国へ引っ越しました。引越し先の街は小さなところで電車はありませんが徒歩で毎日移動するようになりました。一日平均3kmー4kmくらいは歩き、気が向けばジムにも行きます。学生生活であまり遊ぶ余裕がないため食事は3色自炊、外食は月に1回あるかないかです。

そして気がつくと2ヶ月で5kgも痩せていました。明らかに原因は歩く習慣と自炊生活です。確かに社会人になると遊ぶお金が増え、人によってはいい生活が手に入ります。しかし、それと引き換えに健康を犠牲にすることもしばしば。もっとも顕著なのは金銭的に余裕が出るため外食機会(または飲む機会)が増えることではないでしょうか。

現在学生に戻り、研究中心の毎日ではありますがダイエットに成功し減量したおかげで体が軽くなり大好きなヨガもうまくできるようになってきました。