ときめく人と素でいられる人

私には3つ上の優しくて、素敵な彼がいました。彼はいつも私のことを第一に考えてくれる人でした。

バツイチ子持ち男性の再婚ナビ | おすすめの婚活サービスを紹介!

食べたいものも、行きたいところも、やりたいことも全部全部私のことを優先してくれて、自分のことは後回し。

LINEも頻繁にメッセージを送ってくれて、彼の旅行中もたくさん写真を送ってくれたり。好きって気持ちもちゃんと言葉にして伝えてくれる、まさに女性の憧れる理想的な彼氏だったと思います。

でも……人って本当に欲深いというか、ないものねだりというか。

彼に愛されすぎた私は…ほかの男性と関係を持ってしまいました。相手は一つ上のバイト先の先輩、しかも彼女持ち。

先輩は、少しクールで仕事ができる、高身長でハンサムな人。当時の私の彼氏は、顔も身長も普通、ただどんな人にも愛されるような人柄の持ち主でした。

愛し合う上で何が大切かなんてわかっていたはずなのに、当時の私はバイト先の先輩に惹かれ彼氏を裏切ってしまったのです。

その先輩には本命の彼女がいました、先輩が私に振り向いていない、その感覚が私をときめかせしまったのです。

私の彼氏は私が頑張って自分を磨かなくても、私を大好きでいてくれる人。一緒にいてとっても落ち着くし、安心する人。バイト先の先輩は彼氏とは正反対、ギャンブルもやる遊び人。だから私は、刺激やときめきを求めてしまったのかもしれません。

先輩といるときは終始ドキドキしてときめきっぱなし。緊張もするしなんだか落ち着かない。それでも、かっこよくてかっこよくて仕方がなかった。

自分の素を出せて、気を遣わなくて、居心地の良い相手。それとも、一緒にいるとドキドキしてときめいて、頑張ってその人にふさわしくなろうと努力するような相手。

ときめく相手と、自分が素でいられる相手は違うんだと、気づいた冬でした。

出会いと別れを繰り返す

恋愛の難しさを知ると、何故だか誰とも付き合いたいとは思いません。子持ちでも再婚したい…!子連れのシンママ向けの婚活サービスを紹介!

付き合っている間は、まさかこの日が来てしまうとは考えないからです。

何をした訳でもないのに、気が付けば別れているので、これは永遠のテーマになりそうです。

なぜ別れてしまうのか?は、誰も予測できないので解明できません。

飽きてしまった、会うのがめんどくさくなった、マンネリ化してつまらないなど考えましたが、自分が思うには癖ではないかと思っています。

会社を辞める人も、ある日突然なので驚く時があります。

まさか、あの人が辞めるなんて思わなかったと信じられない時があります。

個人的な考えですが、交際が多い人は、何度も同じミスを繰り返していると思います。

誰と付き合っても同じけ結果になってしまうので、別れ癖が付いているのではないでしょうか?

癖は治らないので、年を取っても変わらないと思います。

また別れてしまったと自分でも情けない気持ちになるのは、誰でも経験があると思います。

転職回数が多い人、交際人数が多い人は、結婚には向かない気がします。

経験豊富と豪語しても、失敗が多いから豊富になってるだけです。

破局、離婚など別れるために生まれてくる気がしてなりません。

久しぶりのコーヒータイム

結婚八年、子供が産まれて五年がたちました。子供が産まれるまで三年間ほど夫婦二人の生活があり、その間はよくカフェでお茶をしたり、旅行、食事、二人ででかけることがよくありました。ただ、子供が産まれてからはなかなかそういう夫婦の時間をとる機会がすくなくなってきています。どうしても子供優先の家族の時間を持つことが多くなり、二人で改めて、デートするということは正直ないのです。

バツイチ婚活情報局 | 再婚相手が見つかる

そんな日々を過ごしている毎日なのですが、先日、久しぶりにカフェに二人で入る機会がありました。子供の幼稚園が美術館で子供たちの描いた絵や作品を展示するということで、主人と二人、展示を見に行きました。子供の作品を観覧し、美術館を後にしました。

昼から主人は仕事でしたので、時間は少しあるけど、すぐに帰るのだろうと思っていました。駐車場に向かう途中、いい感じのカフェがありました。昔はよくこんな素敵なカフェでお茶したなぁなんて心の中で思いながら、ふと主人を見ると、「コーヒー飲もうか」と。いつもコンビニコーヒーを車で飲んだりが定番なのですが、おしゃれなカフェに入るなんて、本当に久しぶりのことでした。

コーヒーを注文し、フカフカのソファでまったり。特に会話がもりあがることはないのですが、久しぶりの夫婦二人のまったりした時間に嬉しくなりました。コーヒーを飲んで、20分ほどでカフェをあとにしました。

どうしても子供優先で生活しているので、なかなか夫婦の時間をとれず、もやもやすることも多かったのですが、たった20分のカフェでの一杯のコーヒーで心が温かくなれました。

次は私から誘ってみようと思った冬のある日でした。

彼女がいる人を好きになった話

高校1年生の時でした。

ガソリンスタンドのアルバイトを始めて、そこで出会った先輩を好きになってしまいました。

その人は私より3つ年上で、社員でした。

当時15歳だった私から見ると、18歳のその人はとても大人で、同級生にはない魅力を感じていました。

でも、その人に彼女がいることはすぐにわかりました。

その人は青森から上京していて、その人の彼女は青森にいて、遠距離恋愛だったそうです。

私はその状況をいいことに、好きな人に連絡先を聞いて、アプローチしました。

1か月後、私はその人の2番目の彼女として、彼の家に半同棲するようになりました。

あわよくば、彼女と別れるようにと祈りながら。

その祈りむなしく、半年たった頃、彼女のお腹には彼の子の命が宿っていました。

そしてその3か月後、彼は青森に帰っていきました。

その後も私は彼のことをずっと忘れられず、連絡を取り続けました。

彼のことが頭から離れられず、毎日毎日苦しい気持ちを抱えていました。

そんな気持ちがだんだん薄れていき、次の恋をしたのは3年後でした。

私にとって、何もかもが初めての体験をさせてくれた人。

ちゃんとした彼女にはなれなかったし、辛い思いもたくさんして

あまり人に言えた話ではないけれど、私はその人と付き合えて良かったし、幸せでした。http://idahoioof.org/